自転車屋さんに持ち込むのがオーソドックスですが、最寄の鍵業者に依頼するもひとつの手段です。

自転車の鍵をなくしてしまった時の対処法

 

自転車の鍵をなくした時の対処法

 

日本においてもっともポピュラーな移動手段のひとつに「自転車」が挙げられます。

 

自転車は徒歩に比べると非常にスピーディに移動が出来ますし、自動車ほど早くはありませんが交通ルールの制限が少なくサイズもコンパクトなので非常に便利な乗り物です。

 

特に都会のように土地が高く自動車を持つ事が難しい地域の場合は自転車が非常に重宝しますが、利用する人が多い反面「盗難のリスク」も非常に高いと言えます。

 

そのため、自転車を保有・利用する人の多くは、「鍵」を取り付けて防犯を行っています。
しかし、家の鍵とは違って自転車の鍵は非常に小さく、失くしやすいといった難点があります。

 

そのため、自転車の鍵を失くして困っている人を街中では意外に多く見かけます。

 

自転車の鍵を失くしてしまった場合もっともオーソドックスな解決策はやはり「自転車屋さんに持っていく」という方法です。

 

ただ、鍵が掛かったままの自転車を持ち運ぶのは大変な作業ですから少し費用は掛かりますが、自転車屋さんに電話して搬送を依頼するというのもひとつの手だと言えます。

 

もし自転車屋さんが近くに無い場合は自分で鍵を壊してしまうという手もありますが、この方法は幾つかの工具が必要となるのでむしろ自転車屋さんを探すよりも大変な作業になってしまう恐れがあります

 

自転車の鍵を失くしてしまった時、もっとも手軽に対処できる方法のひとつに「鍵業者に依頼する」という方法が挙げられます。

 

鍵業者とは鍵の専門業者の事で、基本的にはどのような鍵でも複製したり作ることが出来ます

 

もちろん特殊な鍵の場合は時間が掛かる場合もありますが、自転車の鍵くらいなら数十分~数時間程度でスペアキーを作ってくれます

 

価格もそれほど高くはありませんし、自転車の鍵を失くした際には最寄の鍵業者に依頼するのがもっとも利口な対処法と言えそうです