鍵を持ち歩く必要がないので、鍵を探したり、持ち歩く手間を大幅に省くことが出来ます。

キーレス錠とは?

 

最近は日本でも防犯意識が高まりを見せつつありますが、中には自分が住む家の「鍵」にこだわる人も数多く存在しています。

 

近年、飛躍的な技術進歩のお陰で鍵を取り扱う各メーカーから実にさまざまなタイプの鍵が開発されています。

 

たとえば鍵を持ち歩く必要が無く自分の指紋だけで鍵を解錠させることが出来る「指紋認証キーシステム」やスマートフォンを持ち歩くだけで鍵の開閉が出来る「スマートロック」など昔では考えられなかったハイテクキーが数多く開発されています。

 

キーレス錠

中でも近年になって導入する企業が増えてきているのが、「キーレス錠」と呼ばれる鍵を持ち歩く事なく暗証番号を入力するだけでアンロックが可能となるキーレスシステムです。

 

キーレス錠を導入すれば鍵を持ち歩くといった煩わしさから解放されるだけでなく、通常の鍵よりもセキュリティ面や安全性が飛躍的に向上するといったメリットが得られます。

 

そのため、最近ではオフィスや店舗だけでなく一般の住居にもキーレス錠を導入する人が増えてきているのです。

 

従来のキーレス錠はボタン式のものが多く、鍵の解錠を行う際にはあらかじめ設定された暗証番号をボタンで打ち込む事によってロックが解除されるキーレス錠がほとんどでしたが、最近ではスマートフォンのように「液晶パネル」に表示された番号で暗証番号を打ち込むタイプのキーレス錠が増えてきています

 

また、タッチパネル式を採用しているキーレス錠には「インターロック」と呼ばれる機能が搭載されている事も多く、たとえば普段から使っているスマートフォンを利用した「電子マネー」を自宅やオフィスの鍵代わりに使用することも出来るので非常に便利です。

 

キーレス錠を導入する最大のメリットはやはり何といっても「鍵を紛失するリスクが無くなる事」です。

 

持ち歩く鍵が無いので鍵を探す手間や持ち歩く手間を大幅に省く事が出来るため、時間に追われる生活を送っている人には特にオススメのキーと言えます。