賃貸住宅の鍵を失くしたら、大家さんや管理会社からスペアキーを借りるのが最も一般的です。

部屋の鍵をなくしてしまった時の対処法

 

自宅の鍵をなくした時の対処法

 

私たちは日常生活の中で防犯の為にさまざまな鍵を利用していますが、誰もが必ず持っているのが「部屋の鍵」です。

 

住まいには、日常生活で使うさまざまな家具や家電、そして私物が数多く置いてあります。中には現金を保管していたり、通帳や印鑑といった私財に関わるものを保管している人も数多く居ます。

 

大切なものが数多く置かれている部屋には必ず鍵を掛けて防犯に努めるのが一般常識として知られていますが、時には大切な部屋の鍵を失くしてしまうといったこともあります。

 

部屋の鍵を失くしてしまった時自分の住む部屋が「賃貸」なのか「持ち家」なのかによって対処法は異なりますが、どちらにしても「スペアキー」を持っていれば部屋に入れなくなるといった事態は防ぐことが出来ます。

 

ただし、たとえスペアキーを持っていたとしても持ち家の場合防犯上のことを考えるのであれば一度でも鍵を失くしたら部屋の鍵を丸ごと取り替えた方が無難と言えます。

 

また、賃貸物件に住む人が部屋の鍵を失くした場合は、大家さんもしくはその部屋を管理している管理会社に連絡をし、スペアの鍵を受け取るのがもっとも一般的な対処法となります。

 

しかし、何かしらの事情があって賃貸物件の大家さんや管理会社に鍵を失くしたことを言えないという人も少なからず存在している筈です。

 

そういった人たちの場合は「鍵屋」に依頼してスペアキーを作って貰うという対処法がオススメです。

 

最近ではどのような鍵でも数時間~数日の間に複製できてしまう鍵屋が数多く存在していますので、もし鍵を失くして誰にも知られずに同じ鍵を複製したい場合鍵屋に行ってスペアキーを作って貰うというのが一番の対処法と言えます。

 

ただし、中には特殊な鍵も存在しており、鍵屋に依頼しても一週間ほど複製に時間が掛かるといったケースもあるので注意が必要です。