鍵を見つける便利グッズは、海外製品のものが主流となっています。

鍵を見つけ出す便利グッズ

 

鍵を頻繁になくしたり置き場所を忘れる人は紛失防止タグがオススメです。
最近ではスマホ連動タイプが普及していて、全般的に価格が安くなっています。

 

紛失防止タグをつければ、鍵をどこに置いたか分からない時にブザーで知らせてくれたり、無くした時にGPSで位置を示してくれます

 

GPSタイプ、ブザータイプ、併用タイプがあって、屋外でなくすリスクを懸念するならスマホ連動が必須。家の中で見つからなくなることが多ければブザータイプをオススメします。

 

小型になっていて、タグはひとつの商品につき複数セットになっている商品もあるので鍵を何個も持っている場合はもちろん、財布、パスケースなど大事な物を一緒に管理することができます。

 

GPSタイプは子機にGPSが付いているのではなく、Bluetoothでスマホと連携してスマホのGPS機能を活用する仕組みです。

 

 

 

売れ筋商品と相場

紛失防止タグの機能を聞けば魅力的に感じても気になるのが値段と精度です。

 

Amazonや楽天などの大手通販サイトでよく売れている商品の価格帯は1,000円~3,000円程度で、1,500円以上になるとレビュー評価の高い商品があります。

 

鍵をなくして業者を呼ぶと安くても1万円前後かかりますし、混雑状況によっては数時間待たされてしまうことがあるので、3,000円以下であれば購入する価値はあります。

 

売れ筋商品

 

Amazonの売れ筋商品をまとめました。

 

 

 

bluetooth スマートタグ Dinofire

Dinofireのスマートタグ

 

スマホアプリ連動タイプ。

タグはひとつです。

 

 

 

キーファインダー MWAY

MWAYのキーファインダー

 

親機1個、子機6個をセットにしたブザーで知らせるタイプ。

子機は色分けされていて、親機についている同じ色のボタンを押すとブザーで場所を知らせてくれます。

 

 

 

Magicfly キーファインダー LEDライト付属 通常版

 

Magicflyのキーファインダー

 

親機1個、子機4個で機能的にはMWAYとほぼ同じです。

低価格が売りですが子機が少し大きいです。

 

 

 

 

実際の評判は?

ネットレビューの高いのはスマホアプリ連動型ではなく、親機とセットになったタイプです。

 

スマホアプリ連動型の場合は、Bluetoothとの通信が切れた場所の表示、スマホと一定の距離離れるとブザーで知らせるアラーム機能など幅広い機能が付いています。

 

しかし、持ち忘れ防止のアラーム機能が誤作動したり、子機にはGPSが付いていなくて通信が途絶えた場所で示すので500mほどの誤差が出てしまうことがよくあります。

 

常時、スマホアプリが信号を送っているのでスマホの電池が減りやすいデメリットもあります。

 

スマホ連動タイプの場合は、数百円で売っている安いものではなく、レビュー評価の高い売れ筋商品を選ぶようにしましょう。

 

全体的に家の中でどこに置いたか分からなくなって探す需要の方が多いので、子機が複数セットになっていて低価格かつボタンを押してブザーを鳴らすだけのシンプルな機能の方が評判は良いです。

 

ボタンを押してブザーで知らせるタイプの場合は障害物のない場所で有効範囲は30~40mほどです。基本的に部屋を一つずつ回ってボタンを押して探していく流れになります。

 

また、全体的に鍵を見つけるためのアイテムは海外製が多いです。
商品によっては説明書が全部英語表記になっています。

 

機能自体はシンプルなので英語を読めなくても大体使えますが、日本語対応の商品を選ぶようにすると無難です。

 

売れ筋商品は1,000円~3,000円ほどで、現時点ではスマホ連動タイプより親機と子機のセットで家の中で探す向けの商品の評判が良いです。