この方法さえ知ればもう無くさない!鍵を探すべき場所5つを紹介します。

鍵が無くなった時に探してみるべき場所

 

鍵を無くす時は特定の場所に集中しています。
事例の多い場所を集中的に探すようにしてみてください。
鍵が無くなった時に探してみるべき場所を紹介します。

 

 

ポケットの中

鍵が入っているかもしれないポケット

ズボン、上着、カバンなど普段から鍵をしまうポケットの中に鍵があるのに、他の荷物が邪魔したり、いつもと違うポケットにしまったことで無くしたと勘違いする人がいます。

 

鍵をなくしたら、一度深呼吸をして、落ち着いてから身につけている服やカバンのポケットをもう一度チェックしてみてください。

 

また、鍵はタイプにもよりますが鋭利な形状になっていて長年同じポケットに収納していると穴を開けてしまうことがあります。

 

ポケットにしまったつもりが見つからない場合は、穴があいてないかもチェックしてみてください。
穴があれば高い確率でどこかに落としています。

 

 

車の中

車はドアを開けて入口に入るのと同時に椅子に座る動きになります。
この動作は鍵を落としやすい特性があります。
車を運転した場合はシートの上、収納スペース、シート下など車の中を確認してみましょう。

 

 

挿し忘れ

鍵を開錠、施錠で締めた時にそのまま挿しっぱなしにしてしまうことがあります。
特に荷物の多い時や雨の日は挿しっぱなしによるトラブルが多いです。

 

行動パターンをもう一度チェックしてみてください。複数の鍵をキーホルダーでまとめている場合は、勝手口、車、倉庫なども鍵を使った可能性がある場所をもう一度チェックしてみてください。

 

 

洋服を脱ぐ場所

衣服のポケットに入れている場合は、服を脱いだ時に落とすリスクが高いです。
アパレル店での試着、銭湯・温泉などを利用した後に無くした時は電話で問い合わせをしてみましょう。服を脱ぐ場所は忘れ物が多くてスタッフが巡回しているので届けられていることが多いです。

 

 

家の中でよくある場所

鍵を使って家に入ったので、外で落とした可能性はない。
だけど外出しようとした時に鍵が見つからない。
こういう状況はよく起こります。

 

家の中でどこに置いたのか分からなくなった時にチェックするべきポイントをまとめました。

 

  • 服のポケットの中
  • カバンのポケットの中
  • ソファーの下
  • キッチン周辺
  • 棚の上
  • トイレの棚
  • 玄関や倉庫、勝手口など挿しっぱなし

 

家のなかで無くす時に多いのが勘違いです。

 

服やカバンの中であれば、最後に使った服やカバンはこれだと思い込んでいたけど、実は違う服やカバンの中に入っていることがよくあります。

 

特にちょっとした外出で鍵をかけずに外出する機会のある人は、どこかのポケットから発見することが多いです。

 

鍵は玄関を開ける時に使って、そのまま手に持って家の中のどこかに置きます。

 

買い物で荷物の多い時はキッチン周辺、家に帰ってすぐにトイレをした時はトイレや玄関からの動線など、帰ってきた時の状況をよく思い出しながら探してみましょう。

 

ポケットやテーブルの上に置いてあるのに、見落としをして軽いパニック状態になってしまうことが多いです。

 

可能性の高いところは落ち着いて重点的に探すようにしましょう。