安全性の高い鍵を選ぼう!車の鍵の種類を理解して対策を取る方法

車の鍵の種類

 

車の鍵は大きく分けてイモビライザーの有無で分類されています。

 

さらに、ボタンで開けられるキーレス付き、持っているだけで開錠、施錠、エンジン始動できるスマートキーがあります。

 

盗難リスクの高い車種やカスタムカーでは、防犯対策用のセキュリティーアラームを増設する方法もあります。

 

 

イモビライザーとは

鍵をシリンダーに差し込んだ際の噛み合わせだけではなく、鍵とシリンダー(車本体)で電子信号を送りあっているタイプです。

 

鍵穴を複製したり強引に鍵穴を回しても電子信号が合わなければエンジンのかからない仕組みです。

 

鍵屋では合鍵を作れないのでディーラーなどで合鍵を注文して、使う鍵を増やす時は車をコンピューターに繋いで鍵の登録をして使えるようになります

 

防犯性能が高く、車の鍵ではスタンダートな装備になっています。

 

しかし、イモビカッターと呼ばれる盗難グッズが普及したことでイモビライザーが付いていても100%の安全は確保されていません

 

イモビライザーも進化していて、高年式になるほど防犯性能は高まっています。
しかし盗難(イモビカッター)技術も年々向上していてイタチごっこ状態です。
古い年式の中古車はイモビライザー付きでも盗難されるリスクが高いので注意しましょう。

 

イモビカッターを使って盗むのはプロの窃盗団です。
ランクル、ハイエースなど盗難被害の多い車種は特に気をつけましょう

 

 

 

スマートキーは定番の人気装備

スマートキーは鍵を持っているだけでドアの開錠・施錠、エンジン始動できます。ドアを開ける際はドアノブ付近になるボタンやドアノブの内側のセンサーが反応すると開錠されます。

 

エンジン始動はボタンや通常のシリンダー部分にあるツマミを活用するもので、スマートキーが近くにある時だけ反応する仕組みです。

 

鍵を出し入れするリスクがないので利便性が高くて紛失リスクを軽減できます

 

オーナーからの評判がよく、現在では軽自動車やコンパクトカーなど幅広い車種にスマートキーの設定があります。

 

ドアロックアラーム

 

スマートキーやキーレスなど、ボタン操作でドアロックできる鍵の盗難防止装置です。
スマートキーでも電池切れや電波障害対策で小型の差し込むタイプの鍵が入っています。
キーレスの場合は通常は鍵穴を使ってドアを開錠することはありません。

 

ドアロックアラームは、キーレスやスマートキーで鍵を施錠して、シリンダーを使ってドアを開けた時にアラームの鳴る仕組みです。

 

車上荒らしなど鍵穴を強引にこじ開ける犯罪を抑制するもので、エンジン始動することでアラームを解除できます。

 

 

 

後付けのセキュリティ装置

機能は商品によって様々です。
プロの窃盗団は純正の盗難防止装置、アラーム機能を突破するノウハウを持っています。

 

後付けのセキュリティ装置があれば、車の振動を検知して光と音で警告したり、異常をスマホで知らせるタイプがあります。ココセコムといった警備会社と連携して、盗まれた後にGPSで車を追跡できるサービスも人気です。

 

こうした電子装置のほかにも、ハンドルロックバーなど原始的な方法で車を盗まれにくくする後付けロックもあります。

 

盗難リスクの高い車種は2重、3重に防犯対策をすることが望ましいです。