キーホルダーやキーケースを利用すると、鍵を失くすリスクを減らすことが可能です。

鍵をなくさないためのコツ

 

鍵をなくさないポイントとは

私たちは日常生活の中で幾つもの「鍵」を使用しており、色々な鍵を持ち歩く機会も非常に多いと言えます。

 

鍵というのはコンパクトで持ち歩きやすい反面、一度でも失くしてしまうと見つかり難いといった難点があるので鍵を持って外出する際には注意が必要です。

 

たとえば一般的な家や部屋の鍵は片手に納まるサイズですし、車や自転車の鍵もポケットに納まる程度の大きさなので見失いやすいといった特徴があります。

 

中にはカードキーのようなタイプもありますが、まだまだ一般的には普及していないのでほとんどの人がオーソドックスなタイプの鍵を使用しています。

 

大切な鍵を失くさないためのコツとしては昔ながらの「キーホルダー」を利用するという手があります。

 

キーホルダーとはその名のとおり鍵(キー)を固定(ホールド)する器具の事を指しますが、キーホルダーを利用する事によって鍵を失くす可能性を大幅に低くする事が出来ます

 

もちろん絶対ではありませんが、キーホルダーに鍵を装着し、さらにカバンなどに取り付ける事によって鍵を失くすというリスクを減らす事が可能になります。

 

また、鍵を失くさないためには複数の鍵を管理できる「キーケース」の利用もオススメです。

 

キーケースには幾つもの鍵を同時に管理できるスペースがあり、しかもケース内に収めてある鍵は簡単に取り出すことが出来るので非常に便利なアイテムです。

 

鍵を失くさないためのキーケースの使い方としては、まず第一にキーケース内のキーフックに鍵を付けておきます。

 

また、カードキーの場合はキーフックの下に設けられているカードポケットのスペースに収納が可能です。

 

そして鍵を持ち歩く時はキーケースごと紛失しないようにカバンのポケットに入れて持ち歩くのが一般的となっています。

 

ただし、逐一キーケースを取り出すのが面倒な場合はカバンの取っ手部分にキーケースを取り付け、さらにカバンの内側に仕舞う形で持ち歩くと便利です。