エンジンの始動を手動で行う手間が無い分、スマートキーの方が負担の少ない機能と言えます。

車のキーレスとスマートキーの違いとは?

 

日本における移動手段としてもっともポピュラーなのは「自動車」による移動ですが、車を保有する人は同時に「車のキー」を保有する事にもなります。

 

車のキーには2つの役割があり、

  • ひとつは自動車のドアに鍵をかける役割
  • もうひとつは自動車のエンジンを始動させる役割

です。

 

この2つの役割を担ったキーを失くしてしまうと自動車を動かせないばかりかドアすら開けられなくなってしまうので注意が必要です。

 

一昔前までは部屋の鍵と同様に鍵穴に差し込んで回すタイプのキーが主流でしたが、最近では「キーレス」や「スマートキー」の自動車が普及しつつあります。

 

リモコンで車の鍵を開ける人

キーレスとは正式名称を「キーレスエントリーシステム」と言い、自動車のキーを鍵穴に差し込む事なくリモコン機能によって車のドアをロックしたりアンロックできる機能のことを指します。

 

キーレスはその名のとおりキー(鍵)が無くてもドアの開け閉めが可能ですが、エンジンを掛ける際にはシリンダーにイグニッションキーを差し込んで回すという従来どおりの方法によってエンジンスタートを行います。

一方でスマートキーというのは鍵そのものに触れる事なく自動車のドアをロックしたりアンロックできる機能のことを指します。

 

また、スマートキーはキーレスとは異なり鍵を回すことなく簡単に車のエンジンを始動させることが可能となっています。

 

スマートキーの正式名称は「スマートエントリーシステム」と言い、キーを手に取らなくてもポケットやカバンに入れておくだけで簡単にドアの施錠や解錠、エンジンスタートが出来てしまう非常に優れた機能です。

 

スマートキーをポケットやカバンに入れたまま車に近づけばアンロックされ、逆に車から離れるとロックが掛かります。

 

つまり、キーレスとスマートキーの機能は似ているようにも思えますが、エンジンの始動を手動で行う手間が無い分スマートキーの方が運転者に負担の少ない機能と言えそうです。